ダッジ・チャレンジャー

エアサスペンション(エアサス)

高品質のSUVは、車の快適さとオフロード車の追い越し性能の両方を備えている必要があります。この目標を達成するには、エアサスペンションシステムが最適です。一般的に、エアサスペンション付き車両は前後輪の近くに対地車間距離センサを装備し、その車間距離センサの出力信号に基づいて、走行用コンピュータが車高の変化を判断します。

エアコンプレッサと排気バルブが自動的にスプリングを圧縮または伸張するように制御され、それによって、シャシーの接地間隙を減少または増加させて高速ボディの安定性または複雑な道路状況の通過性を増加させます。

現在、中型乗用車の100%がエアサスペンションシステムを使用し、トラック、トレーラーおよびトラクターの40%以上がエアサスペンションシステムを使用しています。 その最大の利点は、乗員の乗り心地を向上させるだけでなく、道路を保護する上で重要な役割を果たす事です。

エアサス誕生の背景

空気の懸機は19世紀半ばに誕生してから、1世紀の発展を経験して、“空気式スプリング - エアバッグ複合サスペンション→セミアクティブエアサスペンション→集中給排気エアサスペンション(すなわちECAS電子制御エアサスペンションシステム)”などの様々な変化の型を経験しました。20世紀50年代になってから、トラック、バス、乗用車、および鉄道車両に応用されました。

現在、ほとんどのバスはエアサスペンションを使用しており、エアサスペンションを使用する大型トラックの割合は80%以上に達しており、小型車でのエアサスペンションの使用も急速に増加しています。しかも、米国のLincoln、ドイツのBenz300SE、Benz600など、一部の車にもエアサスペンションが徐々に取り付けられています。一部の特殊車両(計器車両、救急車、特殊軍用車両、および耐衝撃性が要求される必須コンテナ輸送車両など)では、エアサスペンションの使用がほぼ唯一の選択肢です。

1991年の湾岸戦争では、クウェートはすべて砂漠であり、細かい砂と柔らかい砂で構成されていた為、米軍のハマーは集中充放電システム、すなわちエアサスペンションを直接装備していました。タイヤの空気圧を下げ、地面との摩擦を増やすと、砂漠でタイヤが滑るのを防ぐ事が出来ます。雪道を走行するとき、砂漠のようにタイヤの空気圧が低下し、タイヤの摩擦が高まります。
さらに、一種の油圧式サスペンションがあり、油圧式サスペンションは高速にする事ができ、山を走って川を渡る事ができます。 エアサスペンションはタイヤの空気圧とスリップを軽減します。 したがって、エアサスペンションと油圧サスペンションには、それぞれ利点があります。

エアサスの仕組み

前に述べた様に、エアサスペンション付き車両は前後輪の近くに対地車間距離センサを装備し、その車間距離センサの出力信号に基づいて、走行用コンピュータが車高の変化を判断して空気圧縮を制御して、シャシーの接地間隙を調整し、高速ボディの安定性または複雑な道路状況の通過性を増加させます。
その毎日の調整では、エアサスペンションには、いくつかの状態があります。

①車体を保つ状態

車両がリフターによって持ち上げられて地面を離れると、エアサスペンションシステムは関連する電磁弁を閉じ、コンピュータは車両の高さを記憶するので、車両は着陸後も元の高さを維持します。

②走行中の普通の状態(エンジン運転状態)

運転中、車両の高さが一定の範囲を超えて変化した場合、エアサスペンションシステムは次の間隔で車両の高さを調整します。

③目覚め状態

エアサスペンションシステムがリモートコントロールキー、ドアスイッチまたはトランクリッドスイッチによって起動された後、システムはボディレベルセンサーを介して車両の高さをチェックします。車の高さが特定の高さより低い場合、タンクは車を通常の高さまで上げる為の圧力を提供し、車体を正常にアップさせます。同時に、エアサスペンションはソフト、ノーマル、ハード状態(快適、ノーマル、スポーツなどとも記されています)を含むショックアブソーバーの柔らかさを調整することができ、ドライバーは車内のコントロールボタンを使用することで、車をコントロールします。

もちろん、伝統的なサスペンションと比較して、空気調節可能なサスペンションの複雑な構造の為に、故障の確率と頻度はコイルスプリングサスペンションシステムより高く、そしてシャシーの高さを調節するための動力源として関連部品の密封性も問題になります。また、シャーシの高さを頻繁に調整すると、ポンプシステムが局所的に過熱し、ポンプの耐用年数が大幅に短くなる可能性があります。もちろん、技術レベルの継続的な向上により、多くの問題がうまく解決され、同時に使用されるモデルは、ますます範囲が広くなっています。

市場の一般的なエアサスペンションブランドの紹介

1.AF

最初のタイプ、AFはAirForce(エアフォース)、台湾生産、D2メーカーのOEM、そしてD2ブランドの圧力ショックアブソーバーとは全く同じですが、同じレベルの価格D2の各セットはAFより数万円高価です。AFは最も広範囲のモデルをカバーするブランドであり、カスタム業界では、air force(エアフォース)社のサスペンションを入れる方が最近の主流です。メーカーは熱心に開発しており、少量のAFを搭載した多くのモデルは設置要件を満たす事が出来ます。

AIR FORCE JAPANは、エアフォース日本総代理店で、500種類以上の対応車種に合わせたエアバック一体型車高調を開発しています。多数の在庫、売り上げ後の予備品の予備および技術チームを持っています。

エアフォースはコンピュータでプログラムしてリフティングプロセスを完了できる自動制御装置を開発しました。この制御装置をインストールすると、メルセデスベンツやBMW、アウディなどの高級車と同じ機能を実現し、ボタンを押すだけで変更の高さの調節が実現できます。原理は、メモリシステムを備えた自動車の座席のようなものです。これにより、高さがより正確になり、操作が簡単になります。

AFの基本バージョン
①基本バージョン(車内ボタン調整高さ+前後2方向リフティング)
②デラックスエディション(車内ボタン調整+車外リモコン調整+前後2方向調整)
③プロフェッショナル版(車内ボタン調整+車外リモコン調整+ 3セグメントメモリー+前後2方向調整)
④スーパーデラックスエディション(リモコン二つ+車外リモコン調整+ 3セグメントメモリ+四輪独立)

2.AR

ARは台湾で製造されたAirRexです。価格は真ん中にあり、AFより少し高いです。例えばエアバッグの肉厚やハンドリングはすべてAFを超えます。また、エアーポンプはACCUやAirLiftと同じモデルを共有しているので、品質は素晴らしくて軽いです。しかし、AFで使用されるAZエアーポンプよりもわずかに低くなっていて、ガスのスピードも比較的に遅いです!

3.AL

ALはアメリカのオリジナルであるAirLiftです。いくつかの一般的なブランドの中でガスショックアブソーバーの最も古い製造業者です。新しいV2システムは、価格は手頃で、シンプルなデザイン、簡単な外観、品質と耐久性が高い、個人的には最高だと思います。持ち上がる速度はいくつかのブランドの最優秀の品質です(カーダンスも可能)。機能は記憶の8つのセグメント、四輪独立、知的な自動気と他の強力な機能を持っています!

4.Accuair

アメリカ原産のAccuairは、すべての一般的なブランドの中で最も人気があり、最も賢く、そして最も革新的なコントロールユニットの1つです(ショックアブソーバーを除くすべてのデバイス)。ACCUとALはビルディングブロックのようなものであり、すべてのリンクを購入することができます顧客を選択すれば、同時に8つのエアポンプの作業を実感できます。2013年には、iphoneのBluetoothコントロール機能が導入され、車体の高さは携帯電話を使って調整できます。

エアサスのメリット

乗り心地の向上

エアサスペンションは空気圧によってシャーシの柔らかさと硬さを変化させ、鋼鉄製スプリング構造のサスペンションの衝撃吸収と比較して、自動制御圧力でコックピットをエアクッションに配置するようなもので、乗り心地が質的に変化します。

車体をより安定させる

高速で運転している時、運転コンピュータはエアサスペンションを制御して車体の高さを下げて、ボディの風抵抗力を減らす事が出来ます。車がコーナリングしている時、エアポンプを自動的に調節して、いつも自動車のバランスを保証します。また、電力を節約し、燃料消費量を減らし、優れたエアサスペンションでお金を節約する事が出来ます。

車両の通過性が向上する

車が悪い道路に車が入った時、ホイールがピットに入っていれば、駆動コンピュータはエアサスペンションをより硬く、より良くなるように制御し、ピットロードを通過するときには、エアサスペンションは収縮して車体を下げる。従来のサスペンションモデルと比較して、エアサスペンション付きの車両は道路状況へのより良い適応性を持ち、所有者を助けます。

エアサスのデメリット

もちろん、何事にも2つの側面があります。エアサスペンションは必ずしも良いとは限りません。従来のサスペンションよりも製造工程が複雑で組立部品が多い為、常にコストが高くなっていましたが、一般的にはハイエンドモデルにのみエアサスペンションが装備されています。加えて、高コストは必然的に高メンテナンスコストに繋がり、そして単一の車輪のエアーショック吸収は数万円または数十万円にさえ達するかもしれません。また、エアショックアブソーバーは、従来のショックアブソーバーよりも損傷しやすく、長期間使用すると損傷の原因となりますエアーパイプはエア漏れを発生させる可能性があります。

まとめ

機械装置の複雑さの為に、エアサスペンションが従来のスプリングサスペンションよりも故障しやすい事は、ほとんど避けられない。ですから現時点で最善の解決策はハイブリッドサスペンションシステムです。従来のスプリングシステムは、エアサスペンションの緩衝と保護を提供し、エアサスペンションは、従来のサスペンションの延長として機能することができます。

【トップページへ戻る】

おすすめの記事