ダッジ・チャレンジャー(Dodge Challenger)

クライスラーがダッジブランドで製造&販売されたアメ車になります。

ダッジ・チャレンジャー

ダッジ・チャレンジャー

ダッジ・チャレンジャーの生い立ち

・初代(1970年~1974年)
・二代目(1978年~1983年)
・三代目(2008年~)

【初代】(1970年~1974年)

初代の1970年モデルは、1964年フォード・マスタングの、「手頃な価格」「コンパクトなサイズ」「スポーツ走行が可能」のポニーカー市場向けとして後発参入された車になります。

ポニーカー市場は下降の時代となった中、ダッジ・チャレンジャーは1970年に8万台の販売を成し遂げました。
後半はセールスが下降しましたが、初代モデルは5年間で、16万5千台も販売されました。

ダッジ・チャレンジャーは3グレードあり、「チャレンジャー6」(直6エンジン)、「チャレンジャーV8」(ヘミエンジン)、チャレンジャーR/T」(Road&Track)で、最高グレードは、R/Tになります。

【二代目】(1978年~1983年)

生産ストップされていたダッジ・チャレンジャーですが、復活を遂げました。ダッジ・デイトナが発売される1983年まで販売が続きます。

【三代目】(2008年~現在)

またダッジ・チャレンジャーは二度目の復活を成し遂げます。今モデルはクライスラー300Cのプラットフォームを用いられております。6100ccL型ヘミV8エンジンを搭載し、初代の1970年モデルを思い出させる外見になっております。

ダッジ・チャレンジャー

ダッジ・チャレンジャー

代表的なポニーカー、マッスルカーとして、「フォード・マスタング」「シボレー・カマロ」と共に、発売後、どれだけパワーが出るか競争しあっていました。

マスタングは、映画「バニシング・ポイント」にも登場してくる、有名&人気あるアメ車となっております。

「バニシング・ポイント」

[Blu-ray]

※Amazon

[DVD]

※Amazon

ダッジ・チャレンジャーは、シボレーコルベットやダッジ・バイパーのようなアメリカンスポーツではなく、フォード・マスタング、シボレー・カマロに性格や見た目も近いものとなっております。

最新モデルは丸目4灯ヘッドライトや凹凸が少ないボディ形状は、レトロ感あふれる外装となっており、非常に人気があります。

ダッジ・チャレンジャー

ダッジ・チャレンジャー

■ダッジ・チャレンジャーのカスタマイズ

マスタングのカスタムに関しては下記ショップさんがお勧めショップです。
直接ショップさんへ相談下さい。

★各種パーツ取扱豊富

【CALWING(キャルウイング)】

《キャルウイングとは?》(詳細ページclick)

キャルウィングHP
http://www.calwing.com/

ダッジ・チャレンジャー カスタムパーツカタログ
《詳細こちらclick》

★エアロキット

【Liberty Wark(リバティウォーク)】

《リバティウォークとは?》(詳細ページclick)

リバティウォークHP
http://libertywalk.co.jp

LB WORKSダッジ・チャレンジャー コンプリートボディキット
《詳細こちらclick》

★ホイール

【ザップラグナッツ(ZAPP LUGNUTZ)】

《ザップラグナッツとは?》(詳細ページclick)

ザップラグナッツHP
http://zapp-wheel.com/

ダッジ・チャレンジャーに履かせるUSAホイールは、下記メーカーが人気となっております。

・BOSS Motersports
1977年にカリフォルニアで創業した「American Eagle Wille社」のラグジュアリーホイールブランドです。アメリカを感じられるUSAホイールです。

・kmc
オフロードホイールブランド。ブラックホイールが好きな貴方にお勧めのUSAホイールです。

・American Racing
1956年創業の老舗ホイールメーカー。マッスルカーのマスタングにも似合うUSAホイールです。

・CENTER LINE
1970年創業のホイールメーカー。レース仕様を目的として強度はバッチリ。タフで見た目も美しいUSAホイールです。

・Giovannna
1997年創業のホイールメーカー。個性あるデザインで時代の先導を切っている人気USAホイールです。

ダッジ・チャレンジャー

ダッジ・チャレンジャー


ショップさんに相談して、自分好みのカスタムをして素敵なカーライフを満喫して下さい。

【トップページへ戻る】

おすすめの記事